« 2015年12月 | メイン | 2016年2月 »

2016年1月

2016年1月17日 (日)

突き抜ける

今回は芦屋の一般部の稽古風景をチラリとご紹介。

当会の一般部は「拳足鍛錬」に時間を費やします。

常設道場などでは砂袋その他の鍛錬器具や道具を設置固定して使えますが、

会場を借りて使用する当会の場合はそうはいかない。

ペアで手製の巻藁などを持ち合って、そして叩き合う、蹴り合う、という具合

で稽古を行います。

ペアで持ち合うからこそ、力のかかり方、伝わり方を感じる事も出来るんです。

1453016283144

1453016324975

力に頼って突いてばかりいては「押し突き」となってしまう。

持ち手は圧力は感じても、多少の胸の痛みを感じる程度になります。

写真の草○氏、、、ワタシの指導に対しても素直に、そして愚直に

拳足鍛錬や稽古を繰り返してきました。

会社員として忙しく働く草○氏ですが、夜8時半頃から30分だけでもと

電車に乗ってやってきて稽古に参加する彼の姿勢には本当に頭が下がる

思いです。

そしてここ最近、彼の練りに練った正拳突きは、力が「突き抜ける」よう

になってきました。

持ち手はかなりの胸の痛みと同時に、背中にも痛みを感じます。

突きの力が、持ち手の背中まで突き抜けているんですね~

拳足鍛錬を「拳ダコ作り」などと誤解してやってしまうと、拳が硬いだけ

のオッサンになってしまいます。

そこに「空手の理」が伴っていなければ、そんな稽古には意味がありません。

力の伝え方、身体の使い方を稽古するための拳足鍛錬であって欲しい。

相手の胸を突いて背骨をへし折る、下段(アウトロー)を蹴って相手の

内腿に内出血を起こさせる、、、そんな「力の突き抜け方」を目指して、

今年も突きや蹴りをしっかりと稽古したいものですね。

ワタシも今年からは積極的に叩いて蹴りたいと考えていますので~

      一緒に頑張りましょ!!(笑)

2016年1月 4日 (月)

謹賀新年2016

新年明けましておめでとうございます。

本年も当会の活動により一層のご支援、ご声援を賜りますようお願い

申し上げます。

今回はとても暖かい年末年始でしたね~

行楽や旅行、帰省には最高のお天気でした。

ただ、ワタシは今回の年末年始は実家にも帰省せず自宅に引きこもって

おりましたが・・・はい、呑み倒してました(笑)

話は変わって、今年は<自分自身も鍛え直したい>1年なのです。

身体のあちこちが言うことを聞かなくなってきています、、、もう十分な

オヤジだからしょうーがないんだけど(泣)。

このまま衰えていくのも哀しいので、今年は自身の身体を稽古や

トレーニングで追い込んでみたいと考えております。

今年こそ<動く身体><戦える身体>を作り直したいものですね!

チビッ子達や一般部の稽古生に負けないようワタシも頑張ります。

もちろん、昇級審査や他団体の大会参戦に向けて指導もより一層頑張る

所存でありますので、何卒宜しくお願い申し上げます。

今日は仕事始め、明日は芦屋で稽古始めです。

早くチビッ子達や稽古生の元気な顔を見たいですね!

  皆様にとってもこの1年が素敵な年になりますように・・・

フォトアルバム