« 2015年9月 | メイン | 2015年12月 »

2015年10月

2015年10月18日 (日)

体当て

当会の稽古には体当てや子手当てと呼ばれるものがあります。

フルコンタクト空手を実践するうえで、相手からの攻撃や打撃に耐えられる

身体や肉体を造る事は重要な事です。

ワタシも「筋肉の鎧をつけなさい!」と昔によく指導されたものですが、

相手からの打撃、特に突きの連打などを、カンフー映画のように全てを捌く、

受ける事は不可能と言ってもいい。

最低限、必ず水月やレバーをガード出来るように、その他の耐えられる部分は

受ける事もせず叩かせ放題~ そこから自身の攻撃に繋げていくんです。

フルコンでは「耐えたもん勝ち」「我慢大会」なる言葉もあります(笑)

相手の攻撃をもらってもビクともしない身体を造る・・・そのような鍛錬も

稽古の大切なファクターとなります。

今回、芦屋の中学生2年生数名に初めて体当て稽古をしてみた。

身体も大きくなり、ミットを蹴らせても一般部顔負けの威力を持っている。

ところが・・・叩かれる衝撃や痛みにとことん弱い。

筋肉が薄いのも理由としてあるが、それよりも受ける瞬間の身体や筋肉の

締め方や締めるタイミングに問題があるように思う。

体当て稽古で、そんな締め方やタイミングを学べば、痛みに対する慣れや

耐性も出来てくる。

ある程度の打撃に耐えられる肉体や身体・・・フルコンでは必要であり継続

して鍛錬して欲しいものです。

筋肉量は無いよりはあったほうがイイ・・・でもそれよりも身体の締め方

や使い方、呼吸などが重要ですので、体当て稽古を通じて培って欲しいもの

です。

一般部はもちろんですが、中学生~高校生は少しずつ慣れていかないと

いけませんね! 痛みや恐怖に負けずに頑張って下さいね!

2015年10月11日 (日)

大会参戦

先月9月のシルバーウィーク、祝日の最終日23日に西宮鳴尾浜の

総合体育館にて極○会琉道会館主宰の全日本選手権に参加しました。

当会からは一般部1名、少年部3名が参加。

Cimg4585

Cimg4586

Cimg4584

皆さん善戦するも、2回戦に駒を進めたのは芦屋のヒ○ムのみでした。

少年部は全員が初めての大会参加でしたが、元気一杯動いてましたね。

しっかり突きを当てにいってましたが蹴りの使い方、当て方に今後の

課題が見えた内容でした。。。

それでも、後から動画を何回も見直しましたが試合としては決して

悪くない内容だったと思います。

頑張れば必ず結果もついてくるので、懲りずに今後もチャレンジして

欲しい思います。

勝敗よりも大会のコートに立つ事が、代え難い経験となり今後の稽古や

自身の空手の厚みにもなります、緊張感に押しつぶされず頑張った参加者

の皆さん、本当にお疲れ様でした!

ワタシと言えば・・・今回も参加は無しでしたが、試合前のストレッチや

ウォームアップ、2回戦前までに1回戦の疲労を回復させてあげたりと

トレーナー業務を頑張りました~

来年はワタシも人生最後の参戦を企んでおります・・・(笑)

Cimg4593

そして今回は門下生の参加は無かったのですが応援に駆けつけてくれた

颯虎塾の樋口代表、いろいろと助言とアドバイスをありがとうございました!

当会の稽古生やご家族も応援に来て頂いておりましたので、あらためて

お礼を申し上げます。

今年は12月にも大会がありますので、引き続き稽古に励みましょう~!

フォトアルバム