2017年3月20日 (月)

昇級昇段審査:芦屋・西宮

3月18日の土曜日に芦屋と西宮で昇級昇段審査を実施しました。

これまでは全対象者の認定が終了してからblogにupしておりましたが、

試割りが割れずに認定保留になったり、各教室で審査のタイミングが

ずれてupがかなり遅れてしまう事もあり、認定者が出ると随時upを

するようにします。

まずは西宮のイ〇キ、彼はこの4月に新1年生になるチビッ子。

少々引っ込み思案な性格の彼ですが、体幹の軸がしっかりしており

ふらつく事なく上手に基本動作を行う。

心配された試割りも簡単に蹴り割ってしまった、素晴らしい!

Kimg0057

空手を始めてから幼稚園でも積極的になったとの事(笑)。

今後も真面目に愚直に頑張って欲しいと思います。

芦屋では一般の昇段を含む6名の審査を実施しました。

初めての審査のチビッ子も多く緊張した雰囲気の中で、一生懸命

頑張ってくれました!

今回特筆すべきは、試割りが皆さんスムーズに進行した事です。

毎回、割れずに何回もトライする・・・かなり時間を要する場面

なのですが今回は1回~多くても3回目には蹴り割ってくれました。

一般昇段の塩飽氏も杉板5枚を正拳で一発で割ってくれました!

Kimg0044

杉板も「なまもの」ですので割れやすい、割れにくいものが確かに

あります、、、しかしながら、それを言っても始まらないのです、

    <目の前の板を割る>それだけです。

今回の審査や試割りで皆さんにイイ意味で自信がつけば、と思います。

本当に皆さん頑張りましたね! おめでとう!!

今回の審査では、一般部の組手を目の前で初めて見るかたも多かった

事でしょう・・・なかなか大人の直接打撃の組手を間近に見る機会

なんて無いですもんね。

少年部の中級上級のみんなはいつもの見慣れた光景でも、初めて見る

初級者やその保護者の皆様には衝撃だったかも?知れません。

次回、当会の対人稽古や審査の取り組みや考え方についてをblogに

upするつもりです。宜しくお願い致します。

あとは<SCうえがはら空手道部>の2名の審査が残っていますので、

センセイも頑張ります!

2017年3月 9日 (木)

マンツーマン

2月21日の火曜日、茶屋集会所での芦屋稽古では、前半の参加者は

黒帯のケイ君のみであった。

気候が寒かったりインフルエンザが流行っていたりと参加が少ない時期

ではあるが、ケイ君は積極的に稽古に参加し汗びっしょりになりながら

真面目に稽古に取り組む姿勢を崩さない。

少年部とは言え黒帯とのマンツーマン稽古・・・

まずはⅣ型をしっかりと覚えてもらえるよう、小1時間みっちりと

練習する。細かな部分は置いといて大まかな動きや全体の流れは

覚えてしまった。。。さすがに覚えも早くてすごいですね(笑)

Kimg0019_2

Kimg0021_2

ミット稽古では、組手でよく使うコンビネーションと2種類の

後ろ廻し蹴りの使い分けやそのタイミングを繰り返し稽古する・・・

持前の柔軟性もあり本当に上手に身体を動かせていますね。

最後はワタシとの対人稽古。練習したコンビネーションの確認や

後ろ廻し蹴りの実践稽古と・・・かなりハードな内容でありました。

一般部なら翌日に体中が痛くて動けなくなる?くらいです(笑)。

体格的には小柄なケイ君ですが、中学生~高校生になって身体が

デカくなって重さが加われば・・・センセイだって怖い(笑~)

早くそうなるように<継続は力>ですので、今後も動作の反復を

繰り返し自身の空手を練っていって欲しいと思います。

2016年12月31日 (土)

祝!200回

今年最後のアップは久しぶりの200回達成者のご報告を。

今回の達成者は芦屋で稽古に頑張るカイト。

カイトは姉のカノと一緒に小学1年生の時に入会、体格は決して大きく

ないが、組手ではハイキックを相手にヒットさせるのが上手い。

相手の注意を出来るだけ下段等に引き付けておいて・・・当てる。

そんな駆け引きの上手さと「当て勘」を持っている彼も、最近はなかなか

稽古に参加出来ず、今回も2か月くらいぶりの参加となった。

1482150296367

当会では「細く長く空手を継続したい」、という保護者様からの思い

もよく聞きます。

習い事も多く学習塾にも忙しい子供達の生活環境はとても複雑であり、

しばらくの期間稽古から遠ざかる事だって少なくない。

その時そのタイミングで一番優先にする事や優先順位も変化するので、

また稽古に打ち込める時期になれば一生懸命頑張ればイイと思う。

カイトも身体が大きくなってパワフルになったら自身の空手も180度

くらい変わると思うよ・・・それも楽しみです。

また姉弟揃って稽古に打ち込める日が来るのを楽しみにしていますね!

2016年12月25日 (日)

大会参戦

12月18日の日曜日、西宮鳴尾浜の総合体育館にて極〇会琉道会館主催の

大会に当会から3名が参戦しました。

今回は小学4年初級で西宮のルイ君、中学3年上級重量級でケイスケ君、

そして壮年部で井原氏の参加となりました。

結果としては、ルイ君が優勝し井原氏が準優勝と成績を残してくれました。

1482150872936

1482150259705

ケイスケ君は初めての大会出場で初戦から優勝候補と当たり、残念ながら

初戦敗退となりました、、、しかしながら彼は井原氏の試合のセコンドも

夕方近くの大会終了間際まで務めてくれました。

「井原さんが自分を応援してくれたので、自分も最後まで応援したい」

との言葉に彼の人間性が表れている気がして嬉しかったです。

まだまだ課題の残る組手内容でしたが、入賞については素直に喜びたい。

最近のフルコンタクト空手の試合での戦いかたは劇的に変化してきた。

かなりのステップワークで動き回り、突き蹴りの手数がかなり多い。

そんな組手をしてくる相手に同じ組手で臨むのか?

・・・残念ながら当会はそんな組手スタイルは目指していない。

型も組手も全く違う、空手のスタイルが全く違うものなのです。

当会には当会の目指すスタイルがあり、そのスタイルで今回のような大会

にも今後も参加していきたいと考えています。

今回参戦して頂いた3名は本当にお疲れ様でした!

次に大会に参戦する後出達に勇気を与えてくれましたね、

     本当にありがとう!!

2016年12月22日 (木)

昇級昇段審査

7月と11月に昇級昇段審査を開催しました。

7月の審査が全て終了したのが・・・何と10月でした。

最近の審査では試し割りがなかなか割れず再審査~再々審査まで行う

事も多い。通常の時間を割いて審査を行っているので、再審査などと

なると稽古生達の貴重な稽古時間を奪ってしまう事にもなります。

今後は1回で合否を決めるくらいの厳しい審査にしても良いかな?

なんて考えたりもしますが・・・今後の課題ですね。

今回の審査で昇級された皆さん、これからも頑張って下さいね!

1482245572127_5

そして11月の審査では芦屋少年部に黒帯が誕生しました。

平成22年入会のケイ君・・・ある時期に急にスイッチが入ったように

稽古に励みメキメキと上達した。

型の技術や組手の技術は他の追随を許さないレベルであるが、それよりも

稽古中に決して崩れない<緊張感><稽古姿勢>を最も評価してあげたい。

当会の模範となる素晴らしい黒帯を輩出出来た事は本当に嬉しく思います。

1482150312406_4

今回の審査は体力的にもかなり厳しい審査となりました。

芦屋では対象者が一人だけだったので、基本~型の全て~試し割~組手と

全く休憩無しで進みました・・・何人かで審査を受ければ個人での型や

試し割の際には順番で休憩出来る・・・今回は全て連続だったので、

かなり体力も気力も消耗した審査だったと思います。

最後までやり抜いた事は立派でした、今後も継続して<自己の空手>を

練り上げて欲しいものです。

     これからも頑張って下さいネ!

2016年8月11日 (木)

マンツーマン

8月に入った第1土曜日の6日、芦屋の前半はマンツーマン稽古となった。

しかもそのお相手は、今現在当会での最年少で4歳のアキト。

6日は神戸でも淀川でも花火大会があり、参加はかなり少ないとは見積もって

おりましたが・・・西宮所属のアキト一人が参加してくれました!

さすがに4歳でしかも入会まだ2か月・・・さあ!何をする?(笑)

今回は椅子に座らせての正拳突きの腕の動きと、椅子に座らせての前蹴り

の膝~足の動きを指導する。

そして椅子の横に立たせて、椅子を持ったままでの前蹴り。

1470485837953_2

そして足刀蹴り。

1470485763622_2

そして廻し蹴り。

1470485680230

なかなか決まってますね!それぞれの軸足の回し方が良いです。

ただ、本人は何をしているのかはよく理解出来ていない(笑)

普段の生活には絶対に無いような動作をしているのだから、

わからなくて当たり前ですね・・・まだ4歳ですから。

それでも基本1本目の正拳突きとかはカタチが出来てきました、

これからも稽古を通じて、もっと空手を好きになって欲しいと思います。

ワタシも久しぶりに良いマンツーマン稽古が出来ました、

     アキト!これからも一緒に頑張ろう~!

2016年3月27日 (日)

春休み

まだ少し肌寒い日もありますが、やっと春になり学校もお休みに

入りました。

26日の土曜日の西宮稽古は、お休み中の私用での欠席が多かったので

参加はたったの2名のみでした。

マンツーマンとはいきませんが、みっちりと濃い稽古が出来ました。

ミット蹴りの一つ一つをチェックして、問題点を指導する。

1458974474131

1458974424358

次回の昇級対象型である<Ⅱ型>をみっちりと。

1458974541317

1458974607249

2人ともなかなか決まってますね~!(笑)

空手の稽古って同じ動作の反復なので楽しくなんかありません。

ただ、、、「動作」は反復する事で「技」となります。

ミット蹴りや型稽古で培う体幹軸の強さや足腰の強さは、今後どんな

スポーツに転向してもきっと役に立つ。

大袈裟な話にもなりますが、今の空手稽古がチビッ子達の将来の

何かしらの糧となってくれたら有意義だし嬉しく思います。

この春休み、たくさん遊んで新学期に備えて欲しい。

みんなが1つお兄ちゃんお姉ちゃんになるんですね・・・

ますます<礼・技・心>を、稽古を通して研鑽したいものです。

        4月からも頑張りましょ~!

2016年3月22日 (火)

昇級審査

3月19日の土曜日に昇級審査を実施しました。

4ヶ月に1回の昇級審査ですが、今回は芦屋~西宮~SCの稽古生全体

の中で、対象者は残念ながら一人のみとなりました。

対象は西宮少年部のユ○キ。

昨年弟のタ○トと一緒に入会し、とにかく真面目にコツコツと稽古を

頑張りました。

審査当日は心配された試し割りも、難なく蹴り割りました!

派手さは無いが、身体の使い方は上手いほうで今後が楽しみです。

1458453901276 

今後も「拳の握り」から指導しないといけませんが、

とても素直に、愚直に、稽古に臨むその姿勢を評価してあげたい。

これからも弟君と一緒に(パパも!:笑)頑張って下さいね!

2016年2月 7日 (日)

立春

節分も終わりいよいよ「立春」・・・春の到来ですね。

西宮支部が稽古している甲東公民館の敷地内には甲東梅林という

ちょっと有名な梅林があります。

毎年この頃には、何とも梅の良い香りが漂っています。

1454824979072

1454824931112

今年はまだまだ5分咲き程度ですが、ますます良い香りを漂わせてくれる

事を楽しみにしています。

西宮支部は人数も少ないので公民館の中の狭い教室を使っていますが、

みんな元気に稽古してくれています。

来月は昇級審査もありますので、ますます頑張って欲しいものです。

SC21は来年度はもっと人数が増えそうです・・・少しでも西宮支部の

仲間になってくれたらイイですね~

桜の咲く頃には仲間も増えて、昇級する稽古生も増えている事を期待して

センセイも頑張ります!

2016年1月17日 (日)

突き抜ける

今回は芦屋の一般部の稽古風景をチラリとご紹介。

当会の一般部は「拳足鍛錬」に時間を費やします。

常設道場などでは砂袋その他の鍛錬器具や道具を設置固定して使えますが、

会場を借りて使用する当会の場合はそうはいかない。

ペアで手製の巻藁などを持ち合って、そして叩き合う、蹴り合う、という具合

で稽古を行います。

ペアで持ち合うからこそ、力のかかり方、伝わり方を感じる事も出来るんです。

1453016283144

1453016324975

力に頼って突いてばかりいては「押し突き」となってしまう。

持ち手は圧力は感じても、多少の胸の痛みを感じる程度になります。

写真の草○氏、、、ワタシの指導に対しても素直に、そして愚直に

拳足鍛錬や稽古を繰り返してきました。

会社員として忙しく働く草○氏ですが、夜8時半頃から30分だけでもと

電車に乗ってやってきて稽古に参加する彼の姿勢には本当に頭が下がる

思いです。

そしてここ最近、彼の練りに練った正拳突きは、力が「突き抜ける」よう

になってきました。

持ち手はかなりの胸の痛みと同時に、背中にも痛みを感じます。

突きの力が、持ち手の背中まで突き抜けているんですね~

拳足鍛錬を「拳ダコ作り」などと誤解してやってしまうと、拳が硬いだけ

のオッサンになってしまいます。

そこに「空手の理」が伴っていなければ、そんな稽古には意味がありません。

力の伝え方、身体の使い方を稽古するための拳足鍛錬であって欲しい。

相手の胸を突いて背骨をへし折る、下段(アウトロー)を蹴って相手の

内腿に内出血を起こさせる、、、そんな「力の突き抜け方」を目指して、

今年も突きや蹴りをしっかりと稽古したいものですね。

ワタシも今年からは積極的に叩いて蹴りたいと考えていますので~

      一緒に頑張りましょ!!(笑)

フォトアルバム